Adafruitの新しい「GrandCentral」ボード、Arduino MEGAへの復帰?

Arduinoのクラシックなフォームファクターは死にかけています。メーカーの世界でデファクトスタンダードとなった宇野のようなボードは、今や静かに出て行く途中です。 「レガシー」のUnoフォームファクタはまだ存在し、実行可能ですが、Arduinoの新しいボードではMKRフォームファクタが使用されており、コミュニティは次のデファクトスタンダードとしてAdafruitのFeatherフォームファクタを採用し始めているようです。

新しいボードのサイズが小さくなる傾向にあるため、AdafruitがArduinoMEGAフォームファクターを復活させるのを見るのは興味深いことです。私のような古い手にとっては、恐竜が再び地球を歩いているのを見るようなものです。もちろん、恐竜がその場所を持っていることもあります。

新しい「GrandCentral」メトロボードを入力してください。これは、昨日のAdafruitLiveの「AskaEngineer」でLimorFriedが間もなく発表した、仮題にすぎません。

現在老朽化したMicrochipATmega2560を中心に構築された古いArduinoMEGAボードとは異なり、新しいAdafruitボードは、最大120MHzで動作する32ビットArmCortex-M4であるSAMD51プロセッサをベースにしています。

>

Adafruitは、たとえばM0ボードで使用されているMicrochipのSAM D21を多用しましたが、SAMD21にはMEGAに十分なピンが付属していませんでした。ただし、SAM D51は128ピンのパッケージで提供されます。これは、MEGAのようなボードを構築するのに十分なピンです。

新しいボードには、「あなたが知っていて大好きなすべてのMetroのもの」と、MEGA互換のGPIO、電源、および「フリップアップ」 SDが搭載されます。プロセッサの横にあるカードスロット。

Friedによると、プロトタイプは「エピックルート」であり、新しいボードはCircuitPythonを実行する「本当に高速」である必要があります。

ただし、Arduino開発環境でも使用できる必要があり、「…貨物列車のようにArduinoを実行する」必要があります。

ボードには1MBのフラッシュと、おそらく約16MBの「特大」SPIフラッシュも搭載されます。 MEGAのようなボードのエンドヘッダーブロックに直接差し込むことができる、2×10ピンコネクタを備えたカメラ周辺機器もあります。

次世代のマイクロコントローラーボードはハードウェアよりもユーザーエクスペリエンスをはるかに重視することになると思いますが、場合によっては、GPIOピンと新しい「GrandCentral」が必要になることもあります。は確かにそれを必要とする人々にそれを提供します。

ボードは「近日公開」ですが、これは最初のプロトタイプにすぎないため、明日または来週にリリースされるとは思わないでください。 1、2か月待ってください、でももうすぐです!」