音楽監督が探す最高のバトンの特徴

合唱団とオーケストラでミュージシャンのチームを指揮することは、指揮者の基本的な責任です。ショーの成否は彼のパフォーマンスに大きく依存します。彼は確かに彼の仕事のマスターであり、彼はミュージシャンのチームを指揮するために彼の知識を使用しています。物事をスムーズに管理するために、指揮者は警棒を必要とします。バトンは通常、いくつかの独特の特徴と特徴を備えたスティックです。彼はどちらかの手でスティックを持ち、手とバトンの巧みな動きでオーケストラまたは合唱団に指示を送ります。

n で述べたように、バトンは非常に洗練されたスティックで、いくつかの特徴的な機能が備わっています。明らかに、これらの機能によってクラスと標準が決まります。最近、多くの企業が警棒を製造しています。それらのほとんどは、彼らの製品が市場でも最高であると主張しています。ただし、指揮者はバトンのクラスを決定するのに適した人物です。最も成功した指揮者の意見では、最高のバトンには他の指揮棒とは異なるいくつかの機能が必要です。

以下は、最高のバトンが必然的に持つ機能の一部です

エレガントなデザイン:メーカ​​ーは、バトンに滑らかで滑らかな外観を与えることに特別な注意を払っています。指揮者がショーを支配しているので、観客はバトンを持っている彼の手に特別な注意を払います。明らかに、それは彼らにも影響を与えます。

最高級の素材:通常、警棒は最高級の木材で作られています。いくつかの技術的な理由により、タマリンドウッド、スネークウッド、ローズウッド、エボニーは主にメーカーによって使用されています。これらのほとんどには、バトンの見栄えを良くするいくつかの機能があります。それらは耐久性があり、長持ちします。通常、バトンは非常に高価です。ただし、長持ちすると費用対効果が高くなります。

軽量:前述のように、指揮者はバトンを手に動かしてミュージシャンを管理します。通常、コンサートは2〜3時間続きます。彼にとって物事を簡単にするために、彼は常に軽量のバトンを使用することを好みます。そのようなバトンは手が疲れにくいので、合唱団やオーケストラを長期間管理する方が簡単だと感じています。最高の指揮者は、軽量のバトンは手を疲れさせないので非常に便利であると認めています。

素晴らしい仕上がり:バトンのエレガントなデザインを手に入れることは、仕事の半分です。その後、メーカーはそれらに優れた仕上がりをもたらそうとします。彼らはデザインのすべての欠陥を取り除き、自然な色合いでそれらを着色します。黒檀の仕上げは、コンサートの主要な音楽指揮者の間でより人気があります。

簡単なグリップ:最後になりましたが、指揮者は、その簡単で便利なグリップで最高のバトンを高く評価しています。メーカーはかなりの数のグリップスタイルを維持しています。ただし、指揮者はグリップに応じて適切な選択を行います。

最高品質の警棒を作ることに関する限り、この作業は非常に技術的です。メーカーはそれらの中で完全な対称性を維持しているので、導体はそれらを握りやすく使いやすいと感じています。これらの警棒は、合唱団またはオーケストラ全体のパフォーマンスを向上させる役割も果たします。