要約/比較洞察—カント

道徳の形而上学で、イマヌエル・カントは「罰し、恩赦を与える権利」について書いています。彼は、 e は、罰する権利は、対象が犯した犯罪に応じて対象に苦痛を与える支配者の権利であると信じています(140)。彼は私的犯罪と公的犯罪を区別します。私的犯罪は民事裁判所に出廷しますが、公的犯罪は1人の個人だけでなく、実際には「連邦を危険にさらす」ため、刑事裁判所で解決されます(140)。実際、刑法違反は、刑事訴訟の名前が「州対_____」であることからも明らかなように、州全体または人々のコミュニティに対する行為と見なされることがよくあります。カントは、公の犯罪は「卑劣な」性格に起因する犯罪と「暴力的な」性格に起因する犯罪に分けることができると信じています(140)。

カントにとって、犯罪に対する罰は絶対的な義務です。彼は刑事司法の中で「幸福主義」を求める人々を批判している(141)。幸福はギリシャ語で「幸福」を意味し、カントがここで批判しているのは、本質的に、先週調べた正義の結果主義的で功利主義的な見方です。本質的に、これらの理論は、最大数の人々の幸福を最大化することを目指しており、罰を、より大きな悪を防ぐ場合にのみ追求されるべき悪と見なし、「利点[罰]の約束」に焦点を当てています(141)。カントにとって、正義自体は目的を達成するための手段としてではなく、それ自体が目的として価値があるため、この見方には問題があります。さらに、彼は「正義は、それがどんな価格でも買えるなら正義ではなくなる」と述べており、それが単に目的を達成するための手段として使われるならば、正義は損なわれ、おそらく完全に破壊されることさえあることを示唆している(141)。

>

では、カントによれば、どのように罰を満たすべきでしょうか?彼の原則は次のとおりです。「あなたが人々の中で他の人に与える不当な悪は何でも、あなたは自分自身に与える」(141)。この原則によってカントが意味することは、彼が提供する例によって示されています。他の誰かから財産を盗むと​​、他のすべての人の財産を安全でなくし、したがって、考えられるあらゆる財産の安全を奪います(142)。ある意味では、財産を盗むことによって、あなたは自分自身を含め、組織全体と財産所有の安全を損なうと脅迫します。報復的正義は、罰が犯罪に適合すること、つまり、罰が犯罪に比例することを要求します。カントは、いくつかの犯罪は刑務所で罰せられるべきであり、投獄された人々は国家に無料で提供されないように働くべきである(そしてある意味では奴隷にされるべきである)と考えています。しかし、殺人のようないくつかの犯罪の比例した罰は死です(142)。カントが言うように、誰かが「殺人を犯した場合、彼は死ななければならない…正義を満足させる代替物はない」(142)。罰の比例性は犯罪に適合するだけでなく、犯罪者の「内なる邪悪さ」にも対応します。状況によっては、カントは、投獄または死は義務に従って行われた行為に対する比例した罰である可能性があると考えていますが、人々は投獄よりも名誉ある死を好み、評価する必要があります。これにより、人は本質的に奴隷労働になります(142–143 。

カントは、彼の見解に対するいくつかの異議に答える際に、「影響を受けた人類の思いやりのある感情に感動した」マルケーゼ・ベッカリアによってなされたものに対処し、死刑は誰も彼の命を失うことに同意しないので間違っていると主張した(143) 。カントはこれに対して、この見方を「ソフィストと法的な策略」と呼び、罰を望んでいるからといって誰も罰を受けないが、罰せられる行動をとっているのではないという点で重要な区別をしている(143)。

最後に、興味深い議論の中で、カントは死に値すると彼が考える2つの犯罪に取り組んでいますが、法律が死を課すことを許可することに疑問を持っています。 1つ目は、母親が未婚のときに子供を殺害したことです。カントは、子供は技術的に「法の外」(つまり結婚の外)で生まれ、「禁制品のように」生まれているため、法律には実際にはありません。これらの事件の管轄。これは非常に明白な理由で問題のある見方です。 2番目のケースははるかに防御可能であるように思われます—名誉のために決闘して死にさらされた軍の兵士のケース(144–145)。決闘には彼らの価値観(人生と名誉)について決定を下すことができる2人の大人が関与しているため、決闘の同意当事者は実際には殺人を犯していないようであり、おそらく、そのような決闘を死刑にすることは法律の行き過ぎである可能性があります。

この投稿を締めくくるには、カントが少なくともある意味では、非結果主義者であり報復主義者であることは明らかです。彼は、罰はそれが達成できる目的に基づいて解決されるべきであるとは考えていませんが、むしろ正義自体が目的であり、犯罪の重大さに比例して正義が実行されることが不可欠であるためです。カントの観点からは、少なくとも公の犯罪に関して、犯罪者への思いやりと憐れみは、司法制度の中には存在しないようです。

出典:

カント、イマヌエル。 (1991)。道徳の形而上学。ニューヨーク州ニューヨーク:ケンブリッジ大学出版局

注:本文中の参照は、セクションではなくページ番号に対応しています。