人工知能の最高の能力は、インテリジェントな経験を持つことです

AIは、顧客がビジネスとやり取りする方法を変えています。 AIは、他の多くのツールや統合システムとともに、ウェブサイトやボットの動作方法によってすべてを変えます。企業は、会社のデジタル資産とデータを保護および管理します。現在、人工知能を使用している企業では日々の苦労がありますが、シーケンシャルテクノロジーのためにさらに困難になっています。

多くの企業は、販売プロセスの支援を人工知能に頼るというアイデアに興味を持っています。 AIは確かにあなたの最高のセールスリードを見つけることができます。 AIは、効率的な問題解決と、将来のプロセスや製品の改善のために実際のデータをフィードバックするシステムを提供します。ただし、ほとんどの企業は、「新しい」企業AIをどこからどのように始めればよいかわかりません。

システムとデータは、すべての情報がそれぞれにネイティブであるかのように機能を最大限に活用できるように接続する必要があります。また、データは絶えず進化していますが、エンドユーザーに情報を提示するためのエッジウェイです。環境には、関連性と最新性の両方を備えたスムーズで継続的な統合を確実にするための専門的な洞察とノウハウが必要です。

インテリジェントなエクスペリエンスとは、AIを活用して、ワークフローに組み込むことができる予測的洞察を引き出すことです。競争上の優位性を求める企業は、事業運営をよりインテリジェントにする方法を見つける必要があります。

焦点のシフトから始まります

AI機能は、ゲームチェンジャーになる準備ができており、可能性を探り、新しい役割とより多くのビジネス中心の活動を開きます。ただし、インテリジェントなエクスペリエンスがどのように改善に役立つかを最初に理解することが重要ですか?それは焦点のシフトから始まります。

人工知能は組織全体のビジネスプロセスに浸透していますが、組織がAIの使用と正しく対話している場合、それはAIが舞台裏でエクスペリエンスを実行していることを示すものではありません。

AIには、顧客に自分の選択をしていると感じさせる力がありますが、それらの決定を処理するのは機械学習とアルゴリズムです。

焦点を移す場合に最も役立つのは、ビジョンです。改善方法について提案する能力を追跡します。

人工知能は感覚を超えて、ソースである脳に直接到達しています。非常に反応的な戦術は、多くの場合、企業が遅れており、手遅れになる可能性が高い顧客を特定します。これは、経済の大きな変化を予測することと、大きな変化が起こった後にのみ明らかになる財政的兆候との間に大きな違いがあるためです。

人工知能は、世界中の多くの業界に大きな影響を与えることを目的としており、オンラインの顧客体験モデルを形成しています。 AIテクノロジーは、今後10年間で多くの業界で定着し、企業はAIがコンバージョンの最適化にどのように役立つかをしっかりと決定する必要があります。

ほとんどの内部プロセスを自動化することで、デバイスの保守と制御に伴う運用上の労力が軽減されます。ただし、同時に市場である焦点をシフトすることで、構成が大幅に可能になります。

人工知能によってコスト効率が向上しているため、顧客はリソースを増やすだけでプロセスの品質と運用の向上に集中できます。

取得期間の状況を評価することが重要です。これはしばしば知覚関係が形成され始めるところです。顧客は、最初の経験を、販売プロセス中に設定された起業家の期待と比較します。

審査;プラグの機会

人工知能のプロセスは、いくつかの人生の歩みの問題を減らすことにおいて大きな進歩を遂げています。また、情報を取得せずに解釈および把握し、情報を再構築する自動化も提供します。

AIを使用すると、市場ごとに、プロセスを促進し、データから価値を獲得し、クライアントにより良いエクスペリエンスを提供できます。これらすべてのメリットは、売り上げを伸ばし、収益を増やすのに役立ちます。

AIシステムのアプリケーションは、かなり詳細に定義できるようになりました。原則として、人工知能のコストには、積極的な開発のために行われている作業に関するインテリジェンスが必要です。開発作業は通常、いくつかの実現可能性調査に分割され、ビジネスとプロジェクトの目標を設定します。

ただし、人工知能がプラグアンドプレイの缶詰の遺産であると主張する場合は、非常に疑わしい必要があります。このシステムの世話をするために誰かを訓練する必要があります。 (出典:coseer.com)

高品質のアルゴリズムでは一連の調整セッションが必要になることが多いため、十分なアルゴリズムのパフォーマンスは費用効果の高い重要な要素です。ビジネスに対するさまざまなアルゴリズム的アプローチを決定するには、内部でどのように正確に教え込みが行われるか、そして能力を獲得するために何ができるかを理解する必要があります。

事前に明確でない場合、パフォーマンスが低下する状況に陥る可能性があります。 AIは確かにエキサイティングですが、ビジネスオーナーは、最初に基本的な分析の基礎を築かなければ、AIに飛び込むことはできません。

確率のオッズ

組織全体にAIを適用する可能性は非常に多いため、おそらくAIシステムの導入は効果的でなければなりません。 AIは、テクノロジーの観点からのみ考えられることが多く、その機能は技術革新に依存しており、技術革新を通じて継続的に改善されているため、ほとんど不思議ではありません。

機知に富んだ配置スキルとさまざまなツールを使用して展開し、エンタープライズアプリケーションに挿入できるAIアルゴリズムを作成します。クイックウィンは追加のボーナスをもたらします。 AIを最大限に活用するということは、価値を刺激するAIの能力を検証し、勢いと資金を維持し、より長期的なプロジェクトに取り組むことです。

AIは真空中では繁栄しません。 AIから価値を生み出すビジネスは、AIを主要なビジネス変革イニシアチブとして扱い、会社の類似していない部分が集まって、予想される期待に応えなければなりません。 AIは事業運営の未来です。

AIへの投資を検討するときは、実用的な予測を行い、組織の日常のワークフローに洞察を組み込むことができるように設定してください。 AIの力により、販売、サービス、マーケティングの境界線を曖昧にすることができます。

人工知能の力には、ビジネスプロセスとリソースの大部分でハードエッジが必要です。そこから、企業はAIを実際にビジネスの成長に役立て、最終的には収益を向上させる方法で使用できます。

画像ソース:Pexels

人工知能の最高の能力は、インテリジェントな経験を持つことです ReadWrite 2020年8月4日に Adedeji Omotayo