中国のもう1つのウイルスは、ネチズンを広め、怖がらせています

ハンタウイルス肺症候群: HPSの初期症状には、特に太もも、腰、背中、場合によっては肩の倦怠感、発熱、筋肉痛などがあります。

感染者は、頭痛、めまい、悪寒、腹部の問題も経験する可能性があります。後期症状の場合、通常4〜10日後に、咳や息切れが現れることがあります。場合によっては致命的となることもあります。

腎症候性出血熱: HFRSの場合、ウイルスに接触してから1〜2週間以内に症状が現れます。ただし、まれに、症状が現れるまでに最大8週間かかる場合があります。

初期症状には、激しい頭痛、背中や腹の痛み、発熱、悪寒、吐き気、かすみ目などがあります。一方、晩期症状は、低血圧、急性ショック、血管漏出、急性腎不全です。

The IndianMedに関する記事全文を読む

2020年3月24日に https://theindianmed.com で最初に公開されました。