不平等と仕事の成長が遅い:ロボットのせいにしないでください

フレンチコールドウェルによる ノースイースタン大学

2009年に大不況が終わって以来、雇用の回復はアメリカ企業の回復に遅れをとっています。

企業の利益と機器やソフトウェアの企業購入は1年以内に記録に戻るか、ほぼ記録に戻りましたが、雇用は通常支出を追跡しますが、失業率は頑固に高いままでした。今日でも失業率は5.7%で、労働力率は不況前の67%から63%に低下しており、多くの成人が単に仕事を探すのをやめていることを示しています。そして、米国の多くの地域では、失業率は依然として上昇しています。

明日のエンジニア?ありそうもない。 www.shutterstock.com経由のロボットエンジニア

雇用の回復の遅れと景気後退後の所得格差の拡大により、一部の経済学者や技術者は、機械の比喩的な肩に真っ向から責任を負わせています。仕事の性質に根本的な変化が起こったと彼らは主張し、企業はより多くの労働者を雇うのではなく自動化を追加しています。

実際、逆のことが当てはまる場合があります。技術者とアナリストを対象とした2014年の調査で、ピュー研究所は52%が、ロボット工学とスマートマシンが置き換えるよりも多くの雇用を生み出すと予想していることを発見しました。

私は過去数十年にわたってテクノロジーとそのビジネスへの影響を分析し、機械と自動化が仕事の回復の遅れと不平等の拡大の主な要因であるという議論を見つけました。

破壊的技術が公共政策にどのように影響するかを調査している私の現在の研究では、大規模な情報技術投資による生産性向上の遅れや、ビジネスのダイナミズムと起業家精神の低下など、他の多くの要因がそれ以上の貢献をしていることを発見しました。これらの傾向に。

マシンの台頭

ロボットがますます人間に取って代わるという警告が増えており、予測はますます悲惨です。テクノロジー調査会社のGartnerは、2013年に、2030年までにスマートマシンが現在の仕事の90%を置き換える可能性があると予測しました。

MITのエリックブラインジョルフソン教授とアンドリューマカフィーの2011年の機械との戦い、およびその後の著書である2014年のセカンドマシンエイジは、仕事の回復が遅く、賃金の不平等が拡大していることは、すでに来るべき兆候であると主張しました。

本質的に、彼らは1930年に経済学者ジョンメイナードケインズによって最初に支持されたアイデアを復活させました。それは、自動化が進むと失業が増えるというものです。

従業員のフォローアウト

ただし、必ずしもすべての人に適しているとは限りません。

BrynjolfssonとMcAfeeは、不平等の拡大を「スキルベースの技術的変化」に起因すると考えています。彼らは、テクノロジー主導の生産性の向上は、伝統的に想定されていたように、すべてのクラスの労働者に同じ影響を与えるわけではないと主張しています。むしろ、それは真ん中の人々に最も大きな打撃を与えますが、最高スキルと最低スキルの労働者はほとんど無傷のままです。

たとえば、工場では、自動化の強化と給与処理が徐々に半熟練の事務職に取って代わりますが、高度な推論で評価されるデータサイエンティストの代わりにテクノロジーを使用することははるかに困難です。むしろ、ビッグデータ分析などのテクノロジーは、彼らがタスクをよりよく実行するのに役立ちます。反対に、用務員のような熟練度の低い労働者は、機械に置き換えるのが経済的ではないため、おそらく心配する必要はありません。

言い換えれば、この議論は次のとおりです。代替によるテクノロジーの採用は、半熟練、中所得の賃金労働者に最も影響を与え、低スキルと高スキルの労働者を残しますが、極端な労働者は少なくなります。

テクノロジーのせいではありません

自動化によって企業が新しい労働者を雇用できなくなり、所得の不平等が悪化することへの懸念は誇張されています。これは、情報技術による生産性の向上が最初から幻想的であることが多いためです。 1987年にエコノミストのロバート・ソローが言ったように、「コンピューターの時代は、生産性の統計以外のどこでも見ることができます。」

MITのDaron Acemogluと彼の経済学チームは、2013年に米国の製造業に関するデータを評価しましたが、ITによる情報技術による生産性の向上や労働者の大幅な削減の証拠は見つかりませんでした。

彼らは、IT集約型の製造業では、給与の伸びに他の製造業との大きな違いはなく、出荷された製品の量にも違いがないことを発見しました。したがって、ITが支配的な業界では、情報技術がもたらす生産性の向上はすぐにはわかりません。

これとは別に、トーマス・ピケティは、彼の著書「21世紀の資本」で、情報技術が不平等に与える影響について異なる見解を示しています。 Pikettyは、蒸気機関や電力などの初期の革新の波と比較して、「情報技術の革命」は「生産モードへの混乱が少なく、生産性の向上に影響が少ない」と書いています。

彼はまた、技術の変化がすべての国に同じレベルで影響を与えているという事実にもかかわらず、富の不平等はヨーロッパよりも米国で大きくなっていると述べています。生産性の変化は国を超えて同じであるため、米国の不平等に関する情報技術以外にもいくつかの説明が必要です。

本当の犯人

景気後退による仕事の復帰が遅い原因として考えられるのは、ビジネスのダイナミズムの低下、信用の欠如などのマクロ経済の問題、投資の成果が遅いために採用が遅れていることです。

ブルッキングス研究所によると、歴史的には、新規事業の形成は景気後退のプラスの副作用の1つでしたが、米国企業が形成よりも早く崩壊したため、景気後退以降、事業のダイナミズムは低下しています。そして、2011年の労働者の平均はわずか4.7人でしたが、1999年の7.7人でした。

さらに、生産性を向上させるイノベーションの導入にとって重要な30歳未満の人々が所有する企業の数は24年ぶりの低水準にあります。不況後は若い企業が少なかったため、全体的な生産性の向上が遅れたために、事業の回復と新しい労働者の雇用が遅れた可能性があります。

マクロ経済的要因、特にクレジットの利用可能性も機能している可能性があります。銀行は連邦準備制度から前例のない金額の安い現金を受け取ったが、意図したようにそれを企業や消費者に貸すよりも、ほとんど何も稼がない中央銀行自体にそのほとんどを駐車することを好んだ。銀行改革、アフォーダブルケア法、その他の政策の実施に関する規制の不確実性は、雇用に影響を与える可能性が高い他の要因です。

最後に、サンフランシスコ連邦準備銀行の研究者によると、企業が物的資本よりも情報技術に投資するにつれて、生産性の向上が実現するまでに5年から15年かかるとのことです。この遅れは、企業が情報技術の価値を実現するために、組織の調整やプロセスの変更などの他の無形の投資を行わなければならないためです。

生産性の向上により人件費が削減されるため、遅延は人件費の削減も遅くなり、新しい雇用の創出に時間がかかることを意味します。

より多くの雇用の成長を促進する方法

雇用の拡大を促進するために何ができるでしょうか?

雇用の回復が続くにつれ、中所得者の技術的失業の証拠は消えつつあります。ブラインジョルフソンとマカフィーが2011年にRaceagainst the Machineを書いたときに緊急と思われたポリシーの推奨事項は、今ではそれほど重要ではないようです。

フレンチコールドウェルは、ノースイースタン大学の博士課程の候補者、法および政策プログラムです。

編集者注:この記事は元々TheConversationに掲載されました。元の記事を読んでください。