イントロの従業員トレーニングは実際に仕事をしていますか?

公式または非公式、すべてのビジネスに従業員の紹介があります。イントラコミュニケーションソフトウェアのデモンストレーションから、デスクとコーヒーマシンの紹介、すべての同僚への紹介、デリケートな問題への注意まで、すべて従業員の紹介トレーニング

問題は、イントロトレーニングを受けるかどうかではなく、ほとんどの場合、すでに何らかの形でそこにあります。問題は

です

イントロの従業員トレーニングは実際に仕事をしていますか

非常に簡単な方法が1つあります a —誰もが会社にとって可能な限り最善の方法で仕事をする方法を知っていますか

質問の2番目の部分は、本当に重要なことです。営業担当者は販売方法を知っており、会計士は会計方法を知っていますが、あなたのビジネスに合わせて特別に調整された方法でそれを行っていますか?

この例を見てみましょう。個人事業主の会計は、会社やフランチャイズの会計とは大きく異なりますよね?新しい会計士が個人事業主の出身である場合は、ビジネスの基本的な法的側面を紹介トレーニングに含めるのが賢明かもしれません。

効果のないイントロトレーニングのもう1つの例は、船舶代理店が輸出入に関する最新の法律に対応していない場合です。彼らの仕事をするのは彼らの責任ですが、それを行うためのツールと情報を彼らに与えるのはあなたの責任です。

一般的な会社の法的な問題を特に多くの法的な事務処理を行う従業員に関しては、

>

これを怠ると、次の2つのことが起こります。

仕事の法的な問題についてスタッフをトレーニングすることで、スタッフはより速く、より良く、より効率的にタスクを完了することができます。

ほとんどの場合、あなたはすでにイントロの従業員トレーニングを再設計すること、あるいはそれを形式化することを考えています(まだ行っていない場合)。始める前に、新入社員向けの情報パッケージに含めたい8つの項目を確認してください:

また、緊急時に備えて、弁護士の連絡先の詳細を含めることを忘れないでください。

イントロトレーニングは、ビジネスの法的側面をカバーせずに完了することはできません。ただし、これらはビジネスごとに大きく異なる可能性があります。国際貿易、著作権資料、商品の出荷と取り扱い、建築と建設、重い課税製品、およびその他の厳しく規制された事業活動を扱うほど、入門法務トレーニングはより詳細になります。

あなたができる最悪の間違いは、あなたの運送業者が彼らの仕事をするために必要なすべてを知っていると仮定することです。彼らが学び、適用できる環境を作るのはあなたの責任です。

ビジネスのすべての法的事項について従業員をトレーニングする能力がないと思われる場合は、トレーニングを外部委託してください。最高の職務遂行能力を発揮するために必要な情報をスタッフが受け取っていることを確認してください。

別の方法は、十分な情報がなく、能力が遅すぎることを発見することです—お金が失われ、時間が失われ、さらに悪いことに—ビジネスが失われます。

安全を確保し、今日の従業員紹介トレーニングで合法化することをお勧めします。

最初は www.aquariuseducation.com で公開されました。